サーブ・バイオファーマ株式会社

menu

鹿児島県塩田康一知事と会談しました

当社の取締役会長兼CSO小戝健一郎と代表取締役社長山田昌樹、研究開発部長髙橋真司は、2023年8月29日に鹿児島県庁を訪問し、塩田康一知事と会談しました。
会談では、塩田知事に対して、当社のミッションや事業内容を説明させて頂くとともに、鹿児島県発のグローバル創薬企業を目指し、鹿児島県の経済活性化、雇用創出、人材育成等に貢献して参りたい旨を説明させて頂きました。

左から、当社代表取締役社長山田昌樹、塩田知事、当社取締役会長小戝健一郎、当社研究開発部長髙橋真司

塩田知事からは、ウイルス療法のメカニズムや臨床での使用方法等に関するご質問を多数頂くなど、当社技術に対して強い期待をお持ち頂くとともに、「鹿児島でIPOを目指す数少ない企業であり、地域経済をけん引する企業になるよう県も応援する」との趣旨のコメントを頂きました。
今後も、鹿児島県の厚いご支援を頂きながら、当社ウイルス療法のグローバルでの社会実装を目指し事業推進してまいります。

左から、塩田知事、当社取締役会長小戝、当社髙橋